eeedon 200Q Que sera sera

痛くない、、、らしい。

花が eeedon家に来てから4ヶ月。

生後半年経過、体重も2kgを超え
本当に元気に育ってくれました。

ま、元気すぎちゃって、遊び相手を一身に引き受けている、
宗一郎は少しお疲れぎみですが。^^;

そんな花ですがGWの休みにあわせて、避妊手術を行う事にしました。

術後、少しでも長い時間そばに居た方が良いかな~との判断です。

ずいぶん昔の事ですが、実家のメス猫の避妊手術をした時は、
それはそれは辛そうで、2日~3日はぐったりしていました。

そんな経験から時間を気にせずにそばに居ようと思ったからです。

GW初日の昨日28日、いつもお世話になっている動物病院へ
朝一番で預けて来ました。

必要な書類にサインして看護婦さんに連れられていく
花はやはり不安そう。

この病院の手術スケジュールは
当日の午後手術を行い翌日のお昼に退院です。

う~ん、確か昔は1~2日間位入院していたような、、、。

まあ、早く帰れるのは花にとっても良い事だし、
費用的にも入院が短い方が助かります。

そして、本日11時にお迎えに。

待合室で待っている時に頭に浮かんだのは、
ぐったりした花の姿。

まだ麻酔?鎮痛剤?が効いていて朦朧としてるかな~
あと、やっぱりエリザベスカラー(傷口の舐め防止)を
首に巻いている姿が痛々しいかな~
と、妄想していると、、、。

現れました、、、。




ぐったり、、、とも、

朦朧、、、とも、

弱々しく、、、とも、

邪魔そうなエリザベスカラー、、、も、

付けていなく、、、。



いつもと変わらない、、、。

元気な花の姿が~

あ、あれ、手術しなかったのかな~て、感じです。

本当に拍子抜け。

看護婦さんに思わず「エリザベス」今からですか?
と、聞いてしまいました。

すると「当院の術式では必要ないんですよ、
縫い口とは別に針金で留めて保護、舐めても外れません」

見るとお腹から細い針金が4箇所ちょろっと出ている。
出血無し、縫い口もとてもキレイ。

しかも花が元気ゲンキ。
術後の食事制限も運動制限も必要ないそうです。

消毒、お薬もなし、、、。

で、抜糸は(針金を外す)は10日後。

今の医療技術は動物病院でも凄いのね~

家に連れて帰ると早速宗一郎と追いかけっこ&バトルが勃発。

暴れる、食う、飲む(お水)、寝るで、いつもと一緒。

どうやら痛くないようだ。

良かった良かった。

f0184244_22513196.jpg

花 「やっぱり自宅が一番居心地がいいね~」
[PR]
by eeedon | 2012-04-29 23:16 | Comments(0)