eeedon 200Q Que sera sera

タグ:自転車 ( 363 ) タグの人気記事

心地よい風。

久しぶりにヘリオスでお出かけ。
15:00出発。

バルーンフェスタ会場付近を通ると
みな萎み始めている。
撤収かもしれない。
f0184244_22293338.jpg

いつもの「おやサイ(注)」。
風が気持ち良い。
f0184244_3553945.jpg

6-5と違い目線が高いから、
景色を楽しみながら進む。
f0184244_22302427.jpg

ロードとミニベロ。
どちらも楽しいね~。
f0184244_22303772.jpg

f0184244_22305957.jpg

(注)おやサイ。
小山サイクリングロードの略。
わたしが勝手に名付け勝手に走っている。
f0184244_22311315.jpg

本日の走行距離:17.68km。
RICOH R8
[PR]
by eeedon | 2009-11-08 22:32 | DAHON:Helios SL | Comments(1)

アウェー

ヘリオスから6-5に乗り換えると不便な事がある。
それはカメラの取り出し方。
ヘリオスはトップチューブに小さなバックが取り付けてあり、
そこから簡単に取り出せる。
しかも同時にiphoneも入るので大変便利である。

6-5の場合はウエストバックかジャージのポケットに収めている。
これが実に不便である。

わたしの場合、走りも大切だが、Photoポタリングもとても大切。
感じた瞬間にシャッターを切りたい。

そこで~、付けました。
ショップの開店と同時に駆け込みヘリオスと同じ
トピークのトップチューブバックを購入。
f0184244_5135110.jpg

見た目にちょっと問題もありあすが(基本わたしは見た目重視)
使い勝手にはかないません。
f0184244_5142089.jpg

早速取り付けR8とiphoneを装備してみると、
ピッタリ(当たり前、ヘリオスで実証済み)

あ、それと紹介が遅くなりましたが、携帯ポンプも装備しました。
f0184244_5144119.jpg

ま、どんどんお金がなくなるパターンですね。(悲)

そして今日も6-5の登場である。
だんだん強気の走行をしているわたし。

渡良瀬遊水地よりも南に行った事がないので、
タントに6-5を積み、あてもなく南下する。

テキトーな感じで進むと、何やらお城らしきものを発見。

到着するとずいぶんご立派な「castle」が。

出発前に一応記念撮影。
売店でアイスも売っていたのだが、
お腹がゴロゴロしても怖いので今回はパス。
f0184244_5153515.jpg

どこを走って良いか判らないので、成り行きでスタート。
f0184244_5154973.jpg

左手に境町のキンカ堂を見ながら進む。
f0184244_5165100.jpg

目的もないのでちょつと戸惑うが行くだけ行ってみる。
ちと休憩。
今日は気温が高く、半そで、短パンでもよかった。
f0184244_516573.jpg

しばらく走ると薄っすら前方に橋が見える。
f0184244_5181140.jpg

今日の目標決定。
あの橋まで行く。

高低さが少ないので走りやすい。

いたるところでラジコンを飛ばしている。
ちょっと向い風。(悲)
f0184244_5192997.jpg

連日走行の疲れもあるせいか、バテバテで到着。
※バイクで走った後プールで2,000mほど泳いでいます。
f0184244_5195469.jpg

橋の下の日陰で栄養補給。

iphone で場所と距離を確認する。
※33.1kmは自宅からの距離です。
f0184244_521688.jpg

場所は「下総根川大橋有料道路」とでる。
f0184244_5212828.jpg

距離は11.1km。
f0184244_5214722.jpg

サイコンのV3は9.36km となっている。
その差 1.74㎞ 大きいと見るか、こんなもんと見るか。
ま、こんなもんでしょう。
走行ラインでいくらでも変わってしまうから。

それよりも簡単に現在地と目標までの距離がわかるのが大変便利です。
f0184244_5221667.jpg


日陰が気持ち良い。
なんか宙に浮いている感じに撮れた橋の裏。
f0184244_5233457.jpg

休憩後ゆっくりスタート。
f0184244_5235319.jpg

そろそろお尻も痛くなりだした。
f0184244_5242282.jpg

遠くにキンカ堂が薄っすら見え始めた。
f0184244_5245253.jpg

いつも疲れてきたり、目的地までの距離があると
自然と口ずさむ曲がある。

海援隊の「思えば遠くへ来たもんだ」(古っ)

だけど途中で歌詞がわからなくなってしまう。
いっも同じフレーズだけリピート。
「どんなんだったかな~」「歌詞が見たいな~」と考えていると、
ふと、iphoneの事を思い出した。
曲を聴きながら帰るか。

スピーカー部分を上にして再生してみると
お、お~っ、実に良く聞こえる。
f0184244_5253176.jpg

イヤホンをしているわけではないので、
開放感抜群、一つ楽しみ方を覚えた。
f0184244_5255117.jpg

無事に到着。
f0184244_526105.jpg

ちょっとお疲れ気味。
でも楽しかった。
あれ、ここ誰かのフォームグランドだっけ?

本日の走行距離:18.95km。
RICOH R8

おまけ。
駐車場に入ったらセリカXXが2台止まっていた。
f0184244_5262843.jpg

カックイ~、昔憧れたな~。
でも当時は高くて買えなかった。^_^;
[PR]
by eeedon | 2009-11-01 23:09 | CANNONDALE:6-5 | Comments(3)

自転車はおもしろい。

10月も今日で最後だ。
手術を受けてから66日目。

自転車に乗ることはちょっと不安だった。
手術前、担当医に人工股関節にしたら自転車に乗れるか質問した。
その答えは「大丈夫、乗れますよ」
わたし「あ、あの毎分90回転くらい回しますが」
担当医、キョトン。
わたし「2~3時間位乗って50㎞位走っちゃうんですが」
担当医、「ま、人工物だから使えば磨り減りますよ」
わたし、そうだよな~磨り減るよな~。

こんな会話があったので、自転車に乗る=磨り減る。
の、図式が頭にあって、ちょっと躊躇していた。

プールでの泳ぎは足の間にプルブイをはさみ、
腕の力だけで泳いでいるので股関節への負担はほとんど無いと思う。
※プルブイ↓↓↓
f0184244_9333483.jpg


だから退院後は、ず~っとプール漬けの日々だった。

しかし、やっぱり自転車は面白い。
こんな面白いスポーツを我慢していたらもったいない。
と、なんだか吹っ切れたeeedonです。
でもケイデンスはあまり上げないけどね。^_^;

今日も午前中から6-5を引っ張り出し
車で渡良瀬遊水地へ向かう。
f0184244_944455.jpg

アップダウンが結構あるのでキツイ。
f0184244_9343713.jpg

一時心拍が160まで上がってしまう。
股関節に違和感はない。
f0184244_93547.jpg

誰もいないが、たまにローディーとすれ違う。
みんなバッチリ決めている。

自転車仲間のhashirouyoさんと今年の3月に来た橋。
f0184244_9352456.jpg

以前ここから野渡橋を目指したが閉鎖されて進めなかった。
お気に入りのルートなので確認しに行ってみる。

右手に谷中湖が見えてきた。
ここも久しぶり。
f0184244_9373621.jpg

野渡橋。
まだ通行止めだ。
f0184244_9375688.jpg

f0184244_9383465.jpg

ここから松原大橋までのルートが楽しいのに残念。

Uターン。
一瞬谷中湖まで足を伸ばそうかと思ったが、
結構疲れているし、お尻も痛い。
右ルートで帰る。
f0184244_9385653.jpg

※左に下りると谷中湖へ抜けられる。

途中でハンドルの角度を少し下げてみた、
このポジションでも辛さは感じない。
f0184244_9393972.jpg

渡良瀬遊水地はヘリオスよりも6-5の方が断然面白い。
f0184244_9395868.jpg

本日の走行距離:21.44km。
RICOH R8
[PR]
by eeedon | 2009-10-31 21:32 | CANNONDALE:6-5 | Comments(2)

インプレッション。

NEWシートポストを装着した状態。
f0184244_13554427.jpg

う~ん、いいんじゃなぃ~。

クロメート塗装が純正色みたいにマッチして輝いている。

可変シートポストの、レバーとシール部分の赤も
アクセントとしてカクイ~と思う。(自画自賛)^_^;

今日は車に乗せて、渡良瀬遊水地へ向かう。
7ヶ月ぶり。
f0184244_13563067.jpg

早速走り出しテキト~な場所で撮影。

シートを上げた状態。
f0184244_14293779.jpg

シートを下げた状態。
f0184244_13561777.jpg

ここでふと気が付いた。
可変シートポストのインプレッションなんだから
渡良瀬遊水地でひたすら走っても意味ないじゃん。

街中のストップアンドゴーで試さないと。(-_-;)

しかも何枚か写真を撮っていると、メモリーオーバーのサインがでた。
おかしい、まだ数枚しか撮影していない。

メディアを確認すると、、、

入っていませんでした~(悲)
内蔵メモリーで撮っていたのだ。

これをきっかけに、まだ30分位しか走っていないのに引き返す事にする。

自宅に戻り、メディアを入れる。
気を取り直してインプレッション再開。

初めて乗った感じは、重量増と重心位置が高くなった為、
多少ふらつくかなと思ったがまったく感じない。

この可変シートポストは2種類あり、
6-5に付いているヤツは可変量が70mm。
ヘリオスに付けたヤツは可変量が140mm。

この70mmの違いは絶大だった。

今までは寄り付きもしなかったこんな場所も
半分位まで下げて走行すると安定感抜群。
f0184244_1357242.jpg

f0184244_13572392.jpg

写真撮影の際は一番下にさげると両足ベタ着きで膝が少し曲がるくらいまでになる。
わざわざサドルから下りる必要がないので、大変楽チン。
状況に合わせて140mmの間を調整して走るので膝にも優しい。

駅西口をウロウロし東口へ向かう。
飲み屋横丁の看板を発見。
路地に入ってみると、1軒は営業しているみたいだが、
他は全部閉店状態。
f0184244_13593287.jpg


駅付近の公園で一休み。
f0184244_1405217.jpg

ちょっと秋を感じます。
f0184244_1413377.jpg

一度入ってみたかった、オモムキのある喫茶店。
閉店していました。(悲)
f0184244_1495917.jpg

この日は1時間半位、西に東にうろうろしながらポストの使い心地を試す。

いや~、これは良いですよ~
もう手放せません。(^^)

次は「モディファイ」だ。

本日の走行距離:17.98km。
RICOH R8
[PR]
by eeedon | 2009-10-30 22:22 | DAHON:Helios SL | Comments(2)

one-off

車やオートバイ、機械好きな方なら分かると思うが、
「ワンオフ」と聞けば興味を引かれると思う。

ワンオフとは英語の"one-off"/"one off"に由来する和製英語である。

"one-off"は一度限りで終了という意味であり、一回限りの使い捨て製品を指す事がある。
日本語としてのワンオフは主に「一度限りの製造品」といった意味合いに限定して使用される。

一般には自動車やオートバイ用パーツのカスタムパーツなどで用いられている。

わたしも「ワンオフ」と聞くとピクリと飛びつく方である。

「このマフラー、ワンオフなんだ」
「このハンドルステー、ワンオフだぜ」等々。

ま、ミーハー根性丸出しですが。^_^;

しかし時としてこの「ワンオフ」で劇的に性能(使い勝手)が向上するのも事実。

6-5の記事を読まれた方は分かると思うが、
あれには可変シートポストが付いている。
レバー操作でサドルの高さを変えられるのだ。

ドロップ時代の6-5。
シートの高さを変えて撮影している。
f0184244_832313.jpg


大腿骨頭壊死症を患っていたときは、
バイクを跨ぐのも一苦労(百苦労)だったので取り付けたものだ。
もともとMTBなどで使われるケースが多いようで、
ロードでは重量増になる為一般の人は多分付けないだろう。

両側人工股関節に置換し痛みからは解放されたが、
まだまだ筋力不足で足が上がらない、
こんなわたしには非常に便利なパーツなのである。

乗り降りの他、交差点などで止まるときも一番低くすると両足がベタ着きになるので安心。
急な砂利道や、人が多い場所でのスロー走行でも安定して走れる。

この便利な可変シートポストをヘリオスに搭載したいと思うのは自然なことだ。

しかし、しか~し。

ヘリオスのシートポスト径は 33.9mm。
可変シートポストの径は31.6mm。
ぶかぶかで固定できない。(悲)

そこで作りましたよ「ワンオフ」で。(^^)

友人の会社が旋盤を持っているので
お願いして作成してもらいました。

それがこれだ~
f0184244_833591.jpg

試験的に作ったので材料はスチール。
ちょっと重いのが難点。
f0184244_8334383.jpg

塗装はお金をかけて、クロメート塗装にした。

クロメート処理は、素材金属を六価クロムを含む溶液に浸漬し
不動態化させることで、自己修復性の皮膜を得ながら、
なおかつ化学研磨作用を同時に行うことが出来るなんか難しい塗装だ。

固定するネジも特殊。
ポストを支える部分の肉厚が薄い為、
通常のネジだとピッチ(ネジ山の間隔)が高すぎてしまう。
だから一般的でないピッチの低い物を採用している。
f0184244_83472.jpg

ナットも「ワンオフ」。
このネジにあうナットが無い為、一度ドリルで山をつぶし
新たにタップ(ネジ穴の内側を刻みなおす)してある。

無骨だがこれで可変シートポストがヘリオスでも使えるようになった。
f0184244_8342920.jpg

インプレッションは後ほど。

Canon EOS Kiss Digital N
Canon EF-S 60mm MACR0 f2.8 USM
Canon EF 24-70mm f2.8L USM
[PR]
by eeedon | 2009-10-30 08:41 | DAHON:Helios SL | Comments(2)

久しぶりの心拍管理。

現金なもので、楽しいと分かれば
出番は増えるものです。

午前中は、ず~っと、プール漬けだったのに
今日は朝から6-5とお出かけです。

目標は人工股関節にしてから初めての20km。
心拍管理のハトレートモニターも付けた。

わくわくしながら出発したのは良いのだけれど
レーパン穿くのを忘れた。(-_-;)
f0184244_22114146.jpg

この時点でサドルの高さを5mm下げた。

ケイデンスは平均60位、ヘリオスよりも10高い。
心拍は110~120前後、もう少し上げたいが我慢する。

ここで約10km。
f0184244_2213636.jpg

調子に乗っているので、まだまだ走る気満々だがおとなしく引き返す。
ま、大人ですから(?)

初めて通るCRを発見。
f0184244_22133754.jpg

できたばかりのような気配を感じます。
f0184244_22172918.jpg

なかなか気持ちが良いコースです。

たぶん鷹だと思う。
f0184244_221402.jpg

優雅に上空を旋回している。

たまにはアート的にこんなのも撮ってみる。
f0184244_22141737.jpg

いつもこんな感じの風景を見ると「猿の惑星」を思い出す。
f0184244_2215967.jpg

終了。
f0184244_22153146.jpg

本日の走行距離:20.83km
つっ、っつ、疲れた~
と、お尻が痛い^_^;

RICOH R8
[PR]
by eeedon | 2009-10-29 22:19 | CANNONDALE:6-5 | Comments(1)

復活の6-5

9ヶ月ぶりに6-5に乗る。
f0184244_20341278.jpg

コイツはある意味鬼門だった。
大腿骨頭壊死症が悪化しはじめたとき
コイツに乗ると苦痛でしかなかった。

だから両側人工股関節の置換手術を受けたあとも
ヘリオスには乗るがコイツには乗らなかった。

自転車部屋でホコリをかぶり
エアーが抜けたタイヤをみると忍びなかった。

ほとんど売却するつもりで機会をうかがっていた。

それが何故だか乗ってみようと思った。

気持ちの変化か?
昨夜からメンテナンスを行い、
本日14:00走り出す。

プールの後だから、結構な疲労感があるが、
無理して走り始める。

久しぶりの印象は、はじめて乗ったバイクみたいだ。

とにかく硬い。
こんなに硬かったっけ?

あとは軽い。
こんなに軽かったっか?

で、どうなのか、、、

た、たっ、楽しい、、、

6-5はこんなに楽しいバイクだったのかと再認識しました。
調子にのって一瞬ケイデンス 100まで回してしまった。
やばい、ヤバい。

そうそう、やっとボトルゲージを付けた
※ずいぶん前でいつ付けたか忘れた。
f0184244_20364118.jpg

さて、出番は増えるかな~

本日の走行距離:7.88km
短い距離だが十分に楽しめた。

RICOH R8
[PR]
by eeedon | 2009-10-28 20:37 | CANNONDALE:6-5 | Comments(4)

Tarzan

今月号のターザンは自転車特集。
しかも表紙が大友克洋センセイではありませんか。
f0184244_21533058.jpg

20代の頃ウェイト・トレーニングにハマり、
ずいぶん愛読していた時期がある。

最近も「きっちり 自宅トレ!」№542を購入したばかり。
正直トレーニング内容には目新しさはないが、
自転車特集となれば話は別。

宇都宮ブリッツェンの中山選手とCHISAKO選手、廣瀬コーチ兼選手も登場している。

内容は初心者向けだがターザンと自転車が結びつかなかったわたしは買ってしまいました。
[PR]
by eeedon | 2009-10-27 21:54 | 雑談 | Comments(2)

付けてみた。

今日はプールが県民スポーツ大会の為、一般利用が出来ない。

午前中は歩行訓練を行い、午後は自転車に乗ることにする。

約2週間ぶり。

久しぶりにレーパンをはいてみる。
気合を入れたわけではない。
お尻がまだ出来ていないので、用心のため。^_^;

14:00スタート。
気持ちの良い風を感じる。

前を走るおじいさんの方が速い。
気にしない、気にしない。

股関節はますます違和感なくクランクを回せるようになった。
でも、ケイデンスは50前後をキープする。

今日の目的地はプールに行く途中で目にする河川敷の道。
ここを探索する。
f0184244_16575218.jpg

でも、しばらく行くとアスファルトが終了。
短すぎるがここまでとする。
f0184244_16584525.jpg

そうそう、ヘリオスに付けました。
サイドスタンド。
f0184244_1659029.jpg

ゆる~い、ポタリング専用車と化したこいつには必需品かと。
いや~やっぱ、楽っすね~

本日の走行距離:15.60km
手術後はじめて15kmを超えた。

RICOH R8
[PR]
by eeedon | 2009-10-18 17:04 | DAHON:Helios SL | Comments(2)

ORTLIEB オルトリーブ

リハビリがてら、ショッピングモールをブラブラ。
スポーツショップの自転車コーナーで見つけて
一目惚れしてしまった物がある。

オルトリーブというブランドの
メッセンジャーバックだ。
f0184244_18582661.gif

まずデザインに惹かれた。
大きさも程よい。
中を見るとポケットの作りや
ペンをさせる仕切りも付いている。
使いやすそう。
しかも完全防水。

ただし、お値段が、、、。

いたしかたない。
見なかったことにする。

でも、妙に気になる。
それから、機会があるたびに
ショップに行きバック売り場の前で
ウロウロ、urouro。
なかなか熱が冷めない。

ネットで調べてみると、こんなメーカーだ。

創設者であり現社長のハートムート・オルトリーブは、
自転車旅行中に激しい雨に見舞われ、衣料と食料を
ずぶ濡れにしてしまった経験から、
完全防水のサイクルバックを開発し、生産を開始する。

バックの製法も独自技術で完全な防水を保証するそうだ。
うむ、クラフトマンシップを感じる。

で、運命ですね~
来週から旅行に行くので、
キャリーバックをを引っ張り出し
中身のチェックをしていると旅行用の財布を発見。
中を確認すると、、、。

諭吉様がいらっしゃるじゃありませんか。
いや~、こんな事があるんですね~。

早々と諭吉様を握りしめ、ショップへ駆け込んだのでした。
f0184244_1859223.jpg

f0184244_1859452.jpg

自宅で確認すると、
EOS Kiss DigitalとEF24-70mmがきれいに収まる。
カメラバックとしても活躍しそうだ。

Canon EOS Kiss Digital N
Canon EF 24-70mm f2.8L USM
[PR]
by eeedon | 2009-10-07 19:01 | 装備品 | Comments(2)