eeedon 200Q Que sera sera

タグ:ロードバイク ( 163 ) タグの人気記事

ブルホーンハンドル

わたしの場合、ドロップハンドルの下ハンを
握ることはない。
と、いうか握れない。
せっかくのロードバイクだが低いポジションだと
股関節に痛みが出てしまうからだ。

6-5を購入後、ポジション出しに苦労しているが
ためしにハンドルを交換してみることにする。
凶とでるか、吉とでるか。
f0184244_21131320.jpg

f0184244_21132357.jpg

Canon EOS Kiss Digital N
Canon EF-S 60mm MACR0 F2.8 USM
[PR]
by eeedon | 2008-12-13 22:22 | CANNONDALE:6-5 | Comments(1)

281g

6-5のサドルを外す機会があったので、
重量を測定してみた。
281g
思った以上に軽い。
お尻の居心地が悪いので
交換を考えていたが、
軽いサドルは高いからな~
思案中、思案中。
f0184244_2144744.jpg

Canon EOS Kiss Digital N
Canon EF-S 60mm MACR0 F2.8 USM
[PR]
by eeedon | 2008-12-12 21:13 | CANNONDALE:6-5 | Comments(0)

ポチッとな3と4と5。

あまり、大きな声では言えませんが、
錯乱したもようで、ポチッてます。

あれを手に入れ、
これを略奪し、
そして、あんなことになるのか!

罵倒、非難、懺悔。
まあ、いつの時代も男は戦うのである(たぶん間違ってます)

しかし、このような状況だと
ネタを「宗一郎」に振れるのは
ありがたいものです。
[PR]
by eeedon | 2008-12-11 23:06 | 雑談 | Comments(1)

ポチッとな

か、買ってしまった。
f0184244_2113259.jpg

f0184244_21142100.jpg

ま、いろいろと、あれこれと、
一生懸命、理由を考えて、
葛藤しながら、ポチるのである。

Canon EOS Kiss Digital N
Canon EF-S 60mm MACR0 F2.8 USM
[PR]
by eeedon | 2008-12-05 23:00 | 装備品 | Comments(0)

儀式

オートバイに乗っていたときから
必ず行っていた儀式がある。
それは、乗車前のエアーチェックである。

空気圧は高くても低くても操舵に影響が出る。
特に自転車はテキメンである。

圧が低いと、「あれ~、今日は速度が伸び無いな~」とか、
「滑空感が少ないな~」など等。
だから、気持ちよく走る為には、気圧管理は欠かせない。

あと、パンクのリスクが軽減すると思う。
オートバイの時も自転車に乗り始めてからも
わたしは、パンクの経験がない(たまたまかも)からだ。

エアー圧はタイヤに記載されている値から、
高め、低めと試していると、自分好みの数値が分かってくる。

その日のコンディションや場所によって、
圧を変更し、違いを楽しむのも、なかなか面白い。

今使っているポンプの口先が痛んできたので
次回購入しようと狙っているのが、これだ↓↓↓
f0184244_633870.jpg

f0184244_6281443.jpg

【SHIMANO PRO フロアポンプ HPコンペティション】
[PR]
by eeedon | 2008-12-04 23:10 | 雑談 | Comments(0)

セットアップ

今日も良い天気だが強風である。
なぜか6-5で出かけるときは風に悩まされる。
しかたがないので愛車のタントカスタムに
積んで渡良瀬遊水地を目指す。

まずは、定番の「生井桜つづみ」からスタート
しかしここは360°遮へい物がない。
当然風の影響でヘトヘト。
場所を変える事にする。
f0184244_2231586.jpg

薄っすら富士山が見えた

向かったのは渡良瀬貯水池(谷中湖)
ここはハートの形をした人工湖だ。
北ブロック、南ブロック、谷中ブロックの
3つに別れ湖の外周を走れる。
f0184244_22322722.jpg

今回は北ブロックを時計と反対周りで走る。
サイコンで確認すると一周5.42km.あった。
懸念事項であったポジションをチェック。

1周目、サドルを前下がりにしていたが水平にセット。
2周目、尿道への圧迫を感じ、前下がりに戻す。
3周目、サドルの高さを5㎜下げ、サドルを前方に5㎜移動する。
う~んっ、こんなもんかな~
今日の走行ではベストポジション。
f0184244_22325784.jpg

グローブをしていてもバーテープがもう真っ黒(悲)
f0184244_22331067.jpg

でも、前傾姿勢を長時間維持すると股関節に痛みが出る。
やはり、ドロップハンドルは向いてないかな~(悩)

本日の走行距離:24.08km.
FUJIFILM FinePix F700
[PR]
by eeedon | 2008-11-30 22:37 | CANNONDALE:6-5 | Comments(1)

ポジション。

ど~も、しっくりこない。
困ったものだ。

何がというと。
新しい相棒の6-5(ろくのご、と名付けた)=キャノンデール:シックスカーボン5
ポジションである。

あ~じゃない、こ~じゃない。
こっちか、あっちか。

ヘリオスのときはしっくりいったのに。
これが例の「試行錯誤の始まり」なのか。
f0184244_215682.jpg

当分この地獄(楽しみ)にハマりそう。
[PR]
by eeedon | 2008-11-26 21:57 | CANNONDALE:6-5 | Comments(1)

キャノンデール シックス・カーボン 5

風の洗礼

19日に納車され
初めてのツーリング。
だけど、凄い風だ。
スタートから向かい風。
ぜんぜ~ん、なんだか分からん(怒)
進まな~い。
なんとかがんばって渡良瀬遊水地まで
行ったが・・・
つまらん。

とりあえず記念なので一枚。
f0184244_22124440.jpg

この後、強風でバイクが倒れた(悲)
まあ、これで厄も落とせたと
あきらめサドルの高さを変えてもう一枚。
f0184244_2213697.jpg

と、また強風で倒れ・・・orz
結局今日だけで4回程倒れました。
芝の上だったのでダメージはないけれど、
複雑な気持ち。

帰りは一部追い風で
おおっ、これがロードか!!
と、今までの自己最高速の44.4km/hを記録。
でも、そんなのも一瞬。
横から、前から、後ろから、
かぜ、風、kaze。
なんとか自宅に着いた時は、もうヘトヘト。

本日の走行距離:33.43km.
RICOH R8
[PR]
by eeedon | 2008-11-22 22:16 | CANNONDALE:6-5 | Comments(1)

IYH 5 END

会社の近くで見つけた小さなショップ。
ここのオーナーが教えてくれた、
サドルの高さをレバー操作で可変させるシートポスト。
まさにわたしが求めていた商品(超秘密兵器)だった。

ただ、基本的にMTBに付けるもの。
オーナーもロードバイクに搭載した経験がない。

そこで、オーナーのご好意で実際にロードバイクに
取り付けてみる事になった。

MTBに取り付けられているモデルはワイヤー式。
ハンドルに取り付けられたレバーからワイヤーが
フレームに伝いに本体(シートポスト)まで伸びている。

ワイヤーを固定してあるタイラップをニッパーで
パチコン、パチコン切り取り外しロードバイクに取り付けてくれた。

取り付けたバイクのフレームサイズは52。
サドルを一番低い状態にして、いつもの股くぐりで乗車してみる。
すこし、乗り上げるのに苦労するが、なんとかクリヤーできた。

わたしの身長では52~54位のフレームがよさそうだが、
乗車を優先するために「50のフレームが良いでしょう」とオーナーの判断。

フィッティングは実車あわせで、場合によってはステムを
交換して対応してくれるそうだ。
ためしに気になったバイクの在庫を確認してもらった。

色はホワイト。
サイズ50でコンパクトクランク。

結果はノーマルクランクなら在庫あり
コンパクトクランクは来年3月。
がび~ん。
そんなに待てないな~
でも、足の事を考えるとコンパクトクランクの方が
安心感があるしな~と、悩んでいたら。

オーナーからこんな提案が。

とりあえず、在庫がなくなるといけないので、
50のノーマルクランクを注文する。

お店に52の新車が1台ありこれはコンパクトクランク。
この52のコンパクトクランクを50のノーマルと交換してくれると言う。

あ、あ~っ、なんて神様みたいな人だ。
で、IYH しましたよ。当然でしょう。

そして、超秘密兵器を搭載するバイクがこれだ↓
f0184244_2135273.jpg

キャノンデール:シックス・カーボン 5
ビアンキのチェレステカラーから一転
シンプルなホワイト。
地味かな~と思って見ていたら
案の定「かっこよか~」に変わった。

そして本日無事に納車となりました。
[PR]
by eeedon | 2008-11-19 21:44 | CANNONDALE:6-5 | Comments(2)

IYH 4

ビアンキをIYHしそうになり、無事に(?)自宅へ生還したが、
気持ちはすでに買う気満々である。
次の日、わけあって、会社を半休するからなおさらだ。
帰りにお持ち帰りして週末はビアンキ三昧(^o^)/するつもりでいた。

ただ、念の為、ほかのお店ものぞいてみる予定。
あくまでも、念の為。

そして当日、用事をすまして、あるショップに行ってみた。
ここは会社の近くで、店の存在は知っていたが行くのは初めて。

小さい店内に所狭しとバイクが置いてある。
MTBからロードまで幅広く取り扱っているようだ。
コルナゴ、スペシャライズド、キャノンデール、etc.
ビアンキは置いていない。

店長(オーナー)が話しかけてきたので
当たり障りのない会話をして様子をみる。

気さくな感じで、受け答えも落ち着いた話しぶり。
この人なら障害の話をしても大丈夫そうなので、
思い切って股関節の事やロードバイクに乗りたい事などを
相談してみる。

その中で、自転車の乗り降りの問題に話が及ぶと、
「こ~ゆうのがありますよ」と、ゴツイMTBを持ってきた。

良く見るとハンドルの所になにやらレバーが付いている。
オーナーがそのレバーを左指で操作すると、
サ、サドルが下がった(驚)
今度は逆の方向にレバーを操作すると、あ、上がった(愕然)

わたしは、鳩に豆鉄砲状態で、「きょとん」としてしまった。

まさか、こんな風に「理想の秘密兵器」が現れるなんて。
それがこれだ↓
f0184244_6371154.jpg

f0184244_6362218.jpg

油圧を利用して可動するシートポスト。

ワイヤーを利用して手元のレバーで操作できるモデルと
本体に付いているレバーで操作できるモデルの2パターン。

MTBの世界では割とメジャーで昔からあるようだ。
ぜんぜん知らなかった。
まあ、ロードバイクに付けようと考える人はまずいないだろう。

ここからは、とんとん拍子で話が進み・・・

つづく。
[PR]
by eeedon | 2008-11-18 23:43 | CANNONDALE:6-5 | Comments(0)