eeedon 200Q Que sera sera

納車2日目

今日から2連休、その初日。

昨晩ネットでサイクリングロードを検索した。
自宅から一番近いのは鬼怒川サイクリングロードか
渡良瀬川サイクリングロードのようだ。
いきなりCRデビューはちょっと不安があるので
今日は自宅の周辺を散策してみる。

昨日は自宅の東側に流れる思川のCR風な土手の道を
走ってみたが距離が短い。
しかも土手に上がるのに坂を登らなくてはならないので
パスとする。

あとは西側にある農道である。
こちら側は、たんぼ、田んぼ、田圃だらけ。
良いかも。
早速向かってみる。
すると、ながーい直線が待っていた。
f0184244_20333649.jpg

信号なし、車なし、坂なし、
どのくらいの直線が続くか測ってみると
約3km.あった。

ゆっくり、ゆっくり走る。
痛みは出でこない。

風が気持ち良い。
草の匂いと鳥の声が聞こえる。
こんなに風を切っているのにとても静か。

バイクに乗っていたときは
気にもしなかった世界がそこにはあった。
とても新鮮だ。
f0184244_20343045.jpg

途中で神社を発見。
入って行くと砂利道だった。
とても走りづらい。
ハンドルも取られバランスが崩れる。
リカバリーしようとペダルに思わず力がかかった瞬間に
股関節に激痛が走る。
あったた~っ (情けない声)
f0184244_20352046.jpg

なんとか転ばずに途中で脱出できたが、
わたしは砂利道走行は不可と判明した。
痛みはその場限りですんだけれど。
ちょっと心臓がバクバク。

まだ、出来る事と出来ない事の区別が
分からないので、今後はもっと慎重に行こう。

ここまでで約5km.
ぜんぜん走り足らないけれど
無理せずに今日はここで Uターン。
f0184244_2036324.jpg

帰りもゆっくり時間をかけて走った。

この日の走行距離:10.10km.

RICOH R8
[PR]
# by eeedon | 2008-09-12 21:12 | DAHON:Helios SL | Comments(0)

ファーストインプレッション

本当は納車された晩からブログを
開始しようと思っていたのだけれども。
開始早々、やっぱり走れなくなりました。
なんてことになると悲惨なので^_^;
しばらく様子を見ることにした。

そしてダホンに乗り始めて2ヶ月が過ぎ
走行距離も500kmを超えた。
よし、これなら大丈夫、と。
時系列をさかのぼってのスタートとなりました。

-------------------------------------------

ダホンを購入し自宅に戻った時は、もう夕方。
しかも雨が降りそうだったので小1時間程軽く走り
股関節の調子をみた。
とりあえず大丈夫そうだ。

大腿骨頭壊死症は大腿骨の付け根部分の骨頭が壊死してしまい
徐々に圧壊(潰れていく)する病気。

発症してから2年が経過し、わたしの骨頭は、
右が約10mm、左が5mm程圧壊している。
つまり、足が短くなっている。orz
そろそろ脚長差(左右の足の長さが違う)が
出るかもしれない。

股関節の可動域は極端に狭まり、立った状態で、
肩幅位までしか足を広げられなくなった。
そして、しゃがめなくなった。
よって和式トイレはNG。
あぐらや正座ができなくなり、ちゃぶ台もNG。

イス中心の西洋スタイルでなくては
生活できなくなってしまった。

幸い歩く方向にはスムーズに動くので
ペダリングに問題ない。

普段は杖を使って歩いているが、
それでも骨頭に体重がかかるから痛い。

だけどイスに座っている時と、寝ている時は
まったく痛みが出ない。
つまり、骨頭に体重をかけなければ、
今のところ痛みはほとんど無いのである。

よってサドルとハンドルとペダルの3点で体を支える自転車は
あまり痛くならない。

しかし、緩やかな坂道でもペダルに力を入れると痛みがでた。
そして、当然ながらダンシング(立ち漕ぎ)ができない。

でも、うれしかった。
どんどん出来ないことが増えてきた中で
唯一新たに出来そうな物が見つかったからだ。
f0184244_20251532.jpg

この日の走行距離:8.3km.

RICOH R8
[PR]
# by eeedon | 2008-09-11 20:57 | DAHON:Helios SL | Comments(0)

わが家のドラ息子

f0184244_21364381.jpg

f0184244_22411653.jpg

f0184244_22443815.jpg

2008年8月12日家族の一員になる。
名前:宗一郎(ソマリ種)♂
誕生日:2008年5月21日
このときの体重:800g

ソマリという種類のねこは甘えん坊で遊ぶのが大好き。
おとなしく、賢いねこと聞いていた。
家に来たときは、なんてお利口でおとなしい息子と、
思ったのもつかのま。
まさかの豹変。
猫をかぶってました。

Canon EOS Kiss Digital N
Canon EF-S 60mm MACR0 F2.8 USM
[PR]
# by eeedon | 2008-09-10 21:53 | CAT | Comments(0)

そうだ、自転車に乗ろう。

自転車に乗るきっかけを作ってくれたパナソニックのトレンクル。
f0184244_20381435.jpg

大腿骨頭壊死を発症してから太りだした。
それはそうだ。
足(股関節)が痛くて歩かなくなるから。
歩かなくなると、筋力が低下する。
筋力が低下すると体の代謝が落ちる。
つまり太るのである。

昔は、夏はテニス、冬はスキー。
ジムでウエイトをしたり、ジョギングをしたり。
体を動かすのが好きだったが、
足が壊れてからは、すっかりヒッキーで
メタボになってしまった。

そんな時、あるブログでパナソニックの
トレンクルという自転車の存在を知ったのである。

チタン製のフレームで重量が6.5kgと超軽量。
折りたたみができて、トップチューブの位置が低い。
ん、軽くて低い。
この時、閃いた。

今のわたしは重たい物が持てない。
350mlの缶ビール6個入パック、2つで限界。
しかも足が30cmも上げられないから普通の
自転車では跨げないのだ。

実は元気な頃にGIANTのMTBを購入し、たまに遊んでいたのだが、
足が悪くなり、だんだん乗れなく(跨げなく)なってしまった。
イコールもう自転車には乗れない。と、決め付けてしまったのだ。

これなら乗れそうな感じがする。
というか乗りたい。
いろいろな物(趣味やスポーツ)をあきらめてしまった、
わたしにとって久しぶりの小さな希望だった。

それからは、ネットで情報を集めたり、ショッピングセンターの
自転車売り場をうろうろしたりしがはじまった。

そして、2008年7月某日。
たまたま見つけて、初めて入った地元の自転車店。
ここで衝動買いしてしまったのだ。
DAHON Helios SL
この出会いで、わたしの自転車ライフが始まった。
f0184244_20412448.jpg

わたしの新しい相棒となったDAHON Helios SL
[PR]
# by eeedon | 2008-09-10 20:58 | DAHON:Helios SL | Comments(0)

はじめに

当時わたしの趣味はオートバイと
スキューバダイビング。
それと写真撮影(銀塩・デジタルの両刀使い)

特にオートバイには狂っていた。
BMW R1150GS とホンダ BAJAを所有し
両機に深い愛情を注いでいた。
休日には西に東に飛び廻り
変わりゆく季節の風を楽しんだ。

しかし、2006年の夏。
特発性大腿骨頭壊死症という
難病がわたしの両足を襲った。
原因不明の病。
大腿骨の骨頭が壊死しつぶれ歩けなくなる。
治療薬はない、治療方法も外科的手術しかなく
しかも人工股関節に置き換えるしか基本的に方法は無い。
絶望した。
仕事も失い。
R1150GSも手放した。

あれから2年。わたしは手術を拒み、
崩れかけた骨頭で杖を突きながら
痛みに耐え歩いている。
行ける所まで行こう。
自分の骨で。

と、ここまでシリアスに経緯を書いたが、
最近体重が増え、何か運動をせねばと思い、
自転車を衝動買してしまった。

大腿骨頭壊死症患者が自転車に乗れるのか、
乗り続けられるのか。
そんな挑戦日記です。
あと、我が息子、猫の宗一郎(ソマリ)や
スキューバダイビング、写真の事なども
おいおい書きたいと思います。
f0184244_22235875.jpg

[PR]
# by eeedon | 2008-09-09 22:00 | 大腿骨頭壊死症 | Comments(2)