eeedon 200Q Que sera sera

<   2009年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

自転車はおもしろい。

10月も今日で最後だ。
手術を受けてから66日目。

自転車に乗ることはちょっと不安だった。
手術前、担当医に人工股関節にしたら自転車に乗れるか質問した。
その答えは「大丈夫、乗れますよ」
わたし「あ、あの毎分90回転くらい回しますが」
担当医、キョトン。
わたし「2~3時間位乗って50㎞位走っちゃうんですが」
担当医、「ま、人工物だから使えば磨り減りますよ」
わたし、そうだよな~磨り減るよな~。

こんな会話があったので、自転車に乗る=磨り減る。
の、図式が頭にあって、ちょっと躊躇していた。

プールでの泳ぎは足の間にプルブイをはさみ、
腕の力だけで泳いでいるので股関節への負担はほとんど無いと思う。
※プルブイ↓↓↓
f0184244_9333483.jpg


だから退院後は、ず~っとプール漬けの日々だった。

しかし、やっぱり自転車は面白い。
こんな面白いスポーツを我慢していたらもったいない。
と、なんだか吹っ切れたeeedonです。
でもケイデンスはあまり上げないけどね。^_^;

今日も午前中から6-5を引っ張り出し
車で渡良瀬遊水地へ向かう。
f0184244_944455.jpg

アップダウンが結構あるのでキツイ。
f0184244_9343713.jpg

一時心拍が160まで上がってしまう。
股関節に違和感はない。
f0184244_93547.jpg

誰もいないが、たまにローディーとすれ違う。
みんなバッチリ決めている。

自転車仲間のhashirouyoさんと今年の3月に来た橋。
f0184244_9352456.jpg

以前ここから野渡橋を目指したが閉鎖されて進めなかった。
お気に入りのルートなので確認しに行ってみる。

右手に谷中湖が見えてきた。
ここも久しぶり。
f0184244_9373621.jpg

野渡橋。
まだ通行止めだ。
f0184244_9375688.jpg

f0184244_9383465.jpg

ここから松原大橋までのルートが楽しいのに残念。

Uターン。
一瞬谷中湖まで足を伸ばそうかと思ったが、
結構疲れているし、お尻も痛い。
右ルートで帰る。
f0184244_9385653.jpg

※左に下りると谷中湖へ抜けられる。

途中でハンドルの角度を少し下げてみた、
このポジションでも辛さは感じない。
f0184244_9393972.jpg

渡良瀬遊水地はヘリオスよりも6-5の方が断然面白い。
f0184244_9395868.jpg

本日の走行距離:21.44km。
RICOH R8
[PR]
by eeedon | 2009-10-31 21:32 | CANNONDALE:6-5 | Comments(2)

インプレッション。

NEWシートポストを装着した状態。
f0184244_13554427.jpg

う~ん、いいんじゃなぃ~。

クロメート塗装が純正色みたいにマッチして輝いている。

可変シートポストの、レバーとシール部分の赤も
アクセントとしてカクイ~と思う。(自画自賛)^_^;

今日は車に乗せて、渡良瀬遊水地へ向かう。
7ヶ月ぶり。
f0184244_13563067.jpg

早速走り出しテキト~な場所で撮影。

シートを上げた状態。
f0184244_14293779.jpg

シートを下げた状態。
f0184244_13561777.jpg

ここでふと気が付いた。
可変シートポストのインプレッションなんだから
渡良瀬遊水地でひたすら走っても意味ないじゃん。

街中のストップアンドゴーで試さないと。(-_-;)

しかも何枚か写真を撮っていると、メモリーオーバーのサインがでた。
おかしい、まだ数枚しか撮影していない。

メディアを確認すると、、、

入っていませんでした~(悲)
内蔵メモリーで撮っていたのだ。

これをきっかけに、まだ30分位しか走っていないのに引き返す事にする。

自宅に戻り、メディアを入れる。
気を取り直してインプレッション再開。

初めて乗った感じは、重量増と重心位置が高くなった為、
多少ふらつくかなと思ったがまったく感じない。

この可変シートポストは2種類あり、
6-5に付いているヤツは可変量が70mm。
ヘリオスに付けたヤツは可変量が140mm。

この70mmの違いは絶大だった。

今までは寄り付きもしなかったこんな場所も
半分位まで下げて走行すると安定感抜群。
f0184244_1357242.jpg

f0184244_13572392.jpg

写真撮影の際は一番下にさげると両足ベタ着きで膝が少し曲がるくらいまでになる。
わざわざサドルから下りる必要がないので、大変楽チン。
状況に合わせて140mmの間を調整して走るので膝にも優しい。

駅西口をウロウロし東口へ向かう。
飲み屋横丁の看板を発見。
路地に入ってみると、1軒は営業しているみたいだが、
他は全部閉店状態。
f0184244_13593287.jpg


駅付近の公園で一休み。
f0184244_1405217.jpg

ちょっと秋を感じます。
f0184244_1413377.jpg

一度入ってみたかった、オモムキのある喫茶店。
閉店していました。(悲)
f0184244_1495917.jpg

この日は1時間半位、西に東にうろうろしながらポストの使い心地を試す。

いや~、これは良いですよ~
もう手放せません。(^^)

次は「モディファイ」だ。

本日の走行距離:17.98km。
RICOH R8
[PR]
by eeedon | 2009-10-30 22:22 | DAHON:Helios SL | Comments(2)

one-off

車やオートバイ、機械好きな方なら分かると思うが、
「ワンオフ」と聞けば興味を引かれると思う。

ワンオフとは英語の"one-off"/"one off"に由来する和製英語である。

"one-off"は一度限りで終了という意味であり、一回限りの使い捨て製品を指す事がある。
日本語としてのワンオフは主に「一度限りの製造品」といった意味合いに限定して使用される。

一般には自動車やオートバイ用パーツのカスタムパーツなどで用いられている。

わたしも「ワンオフ」と聞くとピクリと飛びつく方である。

「このマフラー、ワンオフなんだ」
「このハンドルステー、ワンオフだぜ」等々。

ま、ミーハー根性丸出しですが。^_^;

しかし時としてこの「ワンオフ」で劇的に性能(使い勝手)が向上するのも事実。

6-5の記事を読まれた方は分かると思うが、
あれには可変シートポストが付いている。
レバー操作でサドルの高さを変えられるのだ。

ドロップ時代の6-5。
シートの高さを変えて撮影している。
f0184244_832313.jpg


大腿骨頭壊死症を患っていたときは、
バイクを跨ぐのも一苦労(百苦労)だったので取り付けたものだ。
もともとMTBなどで使われるケースが多いようで、
ロードでは重量増になる為一般の人は多分付けないだろう。

両側人工股関節に置換し痛みからは解放されたが、
まだまだ筋力不足で足が上がらない、
こんなわたしには非常に便利なパーツなのである。

乗り降りの他、交差点などで止まるときも一番低くすると両足がベタ着きになるので安心。
急な砂利道や、人が多い場所でのスロー走行でも安定して走れる。

この便利な可変シートポストをヘリオスに搭載したいと思うのは自然なことだ。

しかし、しか~し。

ヘリオスのシートポスト径は 33.9mm。
可変シートポストの径は31.6mm。
ぶかぶかで固定できない。(悲)

そこで作りましたよ「ワンオフ」で。(^^)

友人の会社が旋盤を持っているので
お願いして作成してもらいました。

それがこれだ~
f0184244_833591.jpg

試験的に作ったので材料はスチール。
ちょっと重いのが難点。
f0184244_8334383.jpg

塗装はお金をかけて、クロメート塗装にした。

クロメート処理は、素材金属を六価クロムを含む溶液に浸漬し
不動態化させることで、自己修復性の皮膜を得ながら、
なおかつ化学研磨作用を同時に行うことが出来るなんか難しい塗装だ。

固定するネジも特殊。
ポストを支える部分の肉厚が薄い為、
通常のネジだとピッチ(ネジ山の間隔)が高すぎてしまう。
だから一般的でないピッチの低い物を採用している。
f0184244_83472.jpg

ナットも「ワンオフ」。
このネジにあうナットが無い為、一度ドリルで山をつぶし
新たにタップ(ネジ穴の内側を刻みなおす)してある。

無骨だがこれで可変シートポストがヘリオスでも使えるようになった。
f0184244_8342920.jpg

インプレッションは後ほど。

Canon EOS Kiss Digital N
Canon EF-S 60mm MACR0 f2.8 USM
Canon EF 24-70mm f2.8L USM
[PR]
by eeedon | 2009-10-30 08:41 | DAHON:Helios SL | Comments(2)

久しぶりの心拍管理。

現金なもので、楽しいと分かれば
出番は増えるものです。

午前中は、ず~っと、プール漬けだったのに
今日は朝から6-5とお出かけです。

目標は人工股関節にしてから初めての20km。
心拍管理のハトレートモニターも付けた。

わくわくしながら出発したのは良いのだけれど
レーパン穿くのを忘れた。(-_-;)
f0184244_22114146.jpg

この時点でサドルの高さを5mm下げた。

ケイデンスは平均60位、ヘリオスよりも10高い。
心拍は110~120前後、もう少し上げたいが我慢する。

ここで約10km。
f0184244_2213636.jpg

調子に乗っているので、まだまだ走る気満々だがおとなしく引き返す。
ま、大人ですから(?)

初めて通るCRを発見。
f0184244_22133754.jpg

できたばかりのような気配を感じます。
f0184244_22172918.jpg

なかなか気持ちが良いコースです。

たぶん鷹だと思う。
f0184244_221402.jpg

優雅に上空を旋回している。

たまにはアート的にこんなのも撮ってみる。
f0184244_22141737.jpg

いつもこんな感じの風景を見ると「猿の惑星」を思い出す。
f0184244_2215967.jpg

終了。
f0184244_22153146.jpg

本日の走行距離:20.83km
つっ、っつ、疲れた~
と、お尻が痛い^_^;

RICOH R8
[PR]
by eeedon | 2009-10-29 22:19 | CANNONDALE:6-5 | Comments(1)

復活の6-5

9ヶ月ぶりに6-5に乗る。
f0184244_20341278.jpg

コイツはある意味鬼門だった。
大腿骨頭壊死症が悪化しはじめたとき
コイツに乗ると苦痛でしかなかった。

だから両側人工股関節の置換手術を受けたあとも
ヘリオスには乗るがコイツには乗らなかった。

自転車部屋でホコリをかぶり
エアーが抜けたタイヤをみると忍びなかった。

ほとんど売却するつもりで機会をうかがっていた。

それが何故だか乗ってみようと思った。

気持ちの変化か?
昨夜からメンテナンスを行い、
本日14:00走り出す。

プールの後だから、結構な疲労感があるが、
無理して走り始める。

久しぶりの印象は、はじめて乗ったバイクみたいだ。

とにかく硬い。
こんなに硬かったっけ?

あとは軽い。
こんなに軽かったっか?

で、どうなのか、、、

た、たっ、楽しい、、、

6-5はこんなに楽しいバイクだったのかと再認識しました。
調子にのって一瞬ケイデンス 100まで回してしまった。
やばい、ヤバい。

そうそう、やっとボトルゲージを付けた
※ずいぶん前でいつ付けたか忘れた。
f0184244_20364118.jpg

さて、出番は増えるかな~

本日の走行距離:7.88km
短い距離だが十分に楽しめた。

RICOH R8
[PR]
by eeedon | 2009-10-28 20:37 | CANNONDALE:6-5 | Comments(4)

Tarzan

今月号のターザンは自転車特集。
しかも表紙が大友克洋センセイではありませんか。
f0184244_21533058.jpg

20代の頃ウェイト・トレーニングにハマり、
ずいぶん愛読していた時期がある。

最近も「きっちり 自宅トレ!」№542を購入したばかり。
正直トレーニング内容には目新しさはないが、
自転車特集となれば話は別。

宇都宮ブリッツェンの中山選手とCHISAKO選手、廣瀬コーチ兼選手も登場している。

内容は初心者向けだがターザンと自転車が結びつかなかったわたしは買ってしまいました。
[PR]
by eeedon | 2009-10-27 21:54 | 雑談 | Comments(2)

両側 人工股関節 手術後2ヶ月

手術後2ヶ月が経過しました。

本当は10月から会社に復帰する予定でしたが
思い切って11月からに変更しました。
もう少し足の筋力アップを目指したかったからです。

ほぼ毎日プールに通い、今では50m×30本泳ぐ日もあります。
その後に水中歩行で25m×30本。

根っから黙々と自分を追い込むタイプなので
水泳は性に合っているのかもしれません。

歩き方はまだまだ、は行してしまいますが、
ずいぶんましになったと思います。

人工股関節を意識することはありません。
違和感というか、毎日何かしらのトレーニングを
しているのでどこかが筋肉痛です。
なので調子が良いのか、悪いのか、
判断は難しいですね。

ま、これだけ動ければ多少の事はチャラになります。

ふと、人工股関節の寿命の事は頭をよぎります。
使えば当然磨り減り、再置換の時期は早まります。

ただ、今やれることは、今やらないと後悔しそうなので
「やるのか、やらないのか」の選択肢があった場合、
「やる」事にしています。

人工股関節で、自転車に乗り、オートバイにも乗る。
転ぶリスクを考えると、乗らないほうが絶対に良いかもしれない。

ただ、大腿骨頭壊死症を発症してからは自分の意思とは関係なく
体が動かなくなり、やりたいことができなくなった。

そんな状況から開放された、わたしは人生を楽しみたいと思います。

今43歳、人生って意外と短いものだと感じています。

手術をして人生観が変わったからかもしれませんね。
良い意味で。
[PR]
by eeedon | 2009-10-26 19:19 | 人工股関節 | Comments(2)

サイパン旅行記 16日(金)帰国

8:00起床。
少し曇っているが、風が気持ち良い。
f0184244_6253376.jpg

今日で帰国である。
迎えのバスは13:15の予定。
わたしはレイトチェックアウトを希望し
13:00まで部屋をおさえたのでのんびりできる。

今日も朝食兼昼食を11:00に予定する。
最後だからやっぱりカントリーハウスでしょう。

夕食は質素に済ましているので昼食くらいは
ど~んと食べなくては。

10:50にカントリーハウスに向かって歩いていく。

ホテル隣のハファダイショッピングセンターにあった、
一風かわったショップが閉店している。
入り口に等身大のフィギアが置いてあり、
商品もマニアックなものばかりで楽しい店だったのに残念だ。
f0184244_6263684.jpg

ブラブラ時間をかけて歩いてゆく。
f0184244_6265516.jpg

f0184244_6271654.gif

オープンまもない店内はわたし1人。
f0184244_6273824.jpg

いつものテンダーロインを注文する。

ちなみにランチのセットで23$。
スープとライスが付いている。

先日とスープが違う。
f0184244_628243.jpg

ここのスープはとても美味しいのだけれども
お腹にどっしりときてしまうのでホドホドにする。
f0184244_6281692.jpg

醤油ベースのステーキソースをかけて食べます。
しばしこの味ともおさらば。

食事中は物凄い雨が降っていたが、店を出ると止んでいた。
助かった。

帰りは新しくできたショップを冷やかしてみる。
f0184244_6284112.jpg

ま、ふつうのお土産やさんですね。
f0184244_629178.jpg


人がいたところを1度も見たことがない交番。
f0184244_630129.jpg

部屋に帰りゆっくり荷造りし、ダラダラ過ごす。

12:55チェックアウト。
カードで支払うつもりだったがキャッシュがちょうどありそう。
札を全てだし小銭も全て出すとその金額がドンぴしゃりだった。
お財布は空っぽ。

13:20 送迎のバスが来る。
14:00 サイパン国際空港に到着。
f0184244_6302786.jpg

NW75便 成田行き 15:50フライト。
18:00 無事に成田に到着。

今回は1人旅だったが、これはこれで楽しかった。

サイパン旅行記終了。

RICOH R8
[PR]
by eeedon | 2009-10-26 06:34 | 旅行 | Comments(0)

サイパン旅行記 15日(木)

昨夜から風が強い。
朝起きると外は曇り、ウェザーニュースを見ても雲が多発している。
 ※この写真は見本です。
f0184244_11534248.jpg

ちなみにサイパンには気象庁みたいな施設がないため天気予報がない。
ウェザーニュースも衛星からの雲の動きだけが流れている。
あとはそれをを見て自分で判断する。
まあ、台風以外で1日中雨が降ることはないので地元の人は天気予報などみない。

今日の予定はフリー。
ダイビングの疲れもあるし、ビーチで本を読むも良し、
スクーターでツーリングするも良し、
ゴロゴロ寝ていても良し、、、さすがにこれはもったいないか。

朝食兼昼食を11:00にとろうと思うので
それまでスクーターで散策にでる事にする。

9:00スタート。
北上してみる。
まだグロットを見ていないからだ。

グロットとは、116段の石段を下りた先で、
天然洞窟での神秘的なダイビング体験ができる場所だ。
f0184244_1211350.jpg

下りるつもりはないが一応見ておきたい。

出発時ガラパンはいくらか曇りだったが、
パームスリゾートサイパン(旧ホテル日航サイパン)あたりからポツポツ降りだした。

実はサイパンのアスファルトは非常に滑りやすい。
濡れた路面をスニーカーで歩くだけでツルッとくるのだ。
それがスクーターとなると考えただけで恐ろしくなる。

なので早々に引き返す。

ガラパンに戻ると晴れ。
こんなもんだ。

気になる道を片っ端から走り抜ける。

あっというまに11:00。
ごはんの時間である。

今日はまた肉。
TONY ROMA'S に行く。
f0184244_11291039.gif





ここは有名なリブステーキの店。
早い時間なので客はわたし1人。
f0184244_1131332.jpg

ウエイトレスがランチをやけに勧める。
リブステーキとロースステーキが同時に食べられるらしい。

ちょっと嫌な予感がしたが、それを注文する。

まず、スープとサラダが来た。
予感的中。
量がはんぱなく多い。
f0184244_11323100.jpg

f0184244_11322189.jpg

具沢山のスープだけでお腹が一杯になりそう。

つづいてパン。
大人の拳ふたつ分はあるだろう。
f0184244_11324574.jpg

とりあえずサラダだけ食べる。

そして、メインが登場。
あ~あ。
予想どうり、とてつもない量だ。
f0184244_11331148.jpg

ウエイトレスが「エンジョイ」と声をかけ去っていった。
エンジョイってスポーツじゃないんだから、、、

で、お味は、うぅっ、うまい。
リブロースの味付けが甘めなのが気になるが
それでも美味しい。

がんばって食べたけれど、両方半分づつ残ってしまった。
ごめんなさい。

店をでて南に向かうと、突然雨が降り始めた。
ちょうどガソリンも入れたかったので、
マックが併設されているスタンドへ退避する。

お腹一杯だがなにか頼まないと気まずいので、
ホットコーヒーのSサイズを注文。
出てきたコーヒーはやっぱりでかい。
日本のジュース類を入れるカップでMサイズ位ある。
f0184244_11334734.jpg

窓際の席でチビリチビリ飲みながら周りを観察する。

となりのテーブルは韓国人の4人組。
うるさい、、、

その奥に1人でしずかにバーガーを食べている白人のおじさん。

その右隣にチャロモの3人家族。
お父さんがものすごい勢いで貧乏ゆすりをしながらポテトをほおばっている。

なんだか不思議な空間だ。
f0184244_11342124.jpg

結局40分位いただろうか、空は暗いが雨は上がった。
コーヒーはぜんぜん減らなかった。
f0184244_11344818.jpg

恐る恐るアクセルを開けホテルに向かう。
f0184244_11351512.jpg

部屋に戻り本を読んだりゴロゴロしたり。
ふとテレビの横にPRチラシが。
政府公認 「ダイナミックマッサージ」ハファダイホテル契約店、とある。
マッサージか~
入院中のリハビリでPTからのマッサージを受けていた記憶が蘇る。
体の芯に疲労感もあるのでトライしてみる事にする。
f0184244_11415129.jpg

料金は1時間50$、ツアーデスクからの申し込みだと35$。
1階のツアーデスクで手配し送迎の車をロビーで待つ。

歩いても行ける距離だからすぐに迎えの車がきた。
運転手は中国人のおばさん。

ハイアットホテル前の本店に案内された。
担当してくれるのは中国人の若いおねえさん。
2階の個室に案内されてスタート。

はじめてのマッサージは思いのほか気持ちが良かった。
こんなことならもっと早くやるべきだった。
1時間コースは長いかな、と思っていたが、
あっという間に終了。
体が軽くなった。

マッサージが終わったあとはお天気も復活していた。
今日はスクーターの返却日、最後のガラパン散策に行く。

ここが今回一番利用したスーパー。
なかに中華料理の店があり、1品どれでも1$。
滞在中の夕食は全てココを利用した。
f0184244_11423721.jpg

サイパン唯一のボーリング場。
f0184244_1145785.jpg

少し早いが16:30に返却。
f0184244_11453556.jpg

ここが今回レンタルしたお店。
f0184244_11455643.jpg

基本青い車体。
道路の向こう側にもレンタル屋があり、こちらは赤い車体。
f0184244_11461610.jpg

f0184244_11463552.jpg

次回はこちらを利用してみようかな。

夕方は夕日は見れなかったが、
なかなか味のあるモノトーンの世界があった。
f0184244_11465575.jpg

f0184244_11471029.jpg

f0184244_11472876.jpg

明日は日本に帰る日。

RICOH R8
[PR]
by eeedon | 2009-10-25 12:18 | 旅行 | Comments(2)

サイパン旅行記 14日(水)

7:00起床。
今日もスケジュールが一杯だ。
まず行動する前に必ずしなければならないことがある。
それは日焼け対策である。

こまめに日焼け止めを塗らないと大変なことになる。
焼けど状態で病院送りになる人もいるくらいだからだ。

しかし、ここで問題が。
今回わたしは一人旅。
腕や足、首筋などは問題なく日焼け止めを塗れるが、
背中は、、、

体硬いし、まさか誰かに頼む訳にはいかないし。^_^;

そこで登場するのが「ラッシュガード」。
f0184244_1025052.jpg

昨夜ホテルの隣にあるABCストアで見つけて購入しておいたのだ。
SPF50+の紫外線カット能力があり、お値段 21.95$、安い。
f0184244_103918.jpg

スクーターに乗るときもこれをTシャツ代わりに着ることにする。

さて朝食は足もあることだし、ビーチロードにあるベンチで海を見ながら食べることにする。
う~ん、贅沢。
サンドイッチとドリンクを購入し早速向かう。

1階エントランスへ抜ける廊下。
結構お洒落である。
f0184244_10144124.jpg


駐車場からホテルを撮影。
f0184244_1030322.jpg

このホテルは松竹梅で泊まる部屋が選べる。
右側が松、タガ・タワー18階建て
左側が竹、クリスタル・タワー10階建て
スタンダード、9階建て、となる。
わたしは当然、、、
スタンダード7階でした。

引き潮のせいで少し眺めが悪いのが残念。
f0184244_1034440.jpg

遊歩道はこんな感じで続いている。
左の木の植え込みの向こうが車両用の道路だ。
f0184244_104457.jpg

十分時間をかけてのんびりする。

このあとはアメリカン・メモリアルパークへ向かう。
f0184244_1042620.jpg

前を通ったことはあったが中に入るのは初めて。
とてつもなく大きな公園なので今回はビーチ側を散歩する。

マニャガハ島がこんなに近くに見える。
f0184244_1044555.jpg

f0184244_105838.jpg

この島はガラパンから高速ボートで15分という至近にありながら、
純白のビーチ、透明度の高い海があり、あらゆる種類の
マリンスポーツやアトラクションが体験できる周囲1.5km ほどの小さな島だ。

深キョンがCMしているキリンチューハイ氷結の撮影場所でもある。
ちなみにこちら→氷結CM

追加。
このCMで使われているパラソルは全部本物だそうです。
手間かけてますね~


f0184244_1053640.jpg

f0184244_1055555.jpg

その後は、あっちに行ったり、こっちの山に行ったり、そっちに行ったりしながら探検し
11:15にホテルに帰る。
f0184244_1063021.jpg

f0184244_1065486.jpg

結構疲れた。

12:00にピックアップされシュガードックからボートに乗り
ダイブポイントまで行く。

しかしカメラがないのが悔やまれる。
このエメラルドグリーンから鮮やかなブルーに変わり、
深い群青の海に変わる風景は最高だ。

しかたがないので過去に撮影した写真を載せる。
f0184244_1071643.jpg

今回のポイントでは珍しくエイが見れたので、これも過去に撮った写真。
f0184244_107397.jpg

f0184244_1075652.jpg

f0184244_1082972.jpg

f0184244_1084585.jpg

この日も2ダイブして終了。

今回のサイパンでのダイビングはこれでおしまい。

14:30ホテルに到着。
BさんとDさんに再会を約束して別れる。

その後、のんびり過ごし、
夕方昨日行った場所で夕日を眺めなら黄昏て終了。
f0184244_109837.jpg

f0184244_1093335.jpg

f0184244_1094935.jpg

f0184244_1010623.jpg

RICOH R8
[PR]
by eeedon | 2009-10-23 10:35 | 旅行 | Comments(2)