eeedon 200Q Que sera sera

ブロンプトン BBユニット交換

f0184244_18235456.jpg

昨日届いた TANGE のBBユニット LN-7922 68-118mm を
早速 M1改にインストールしてみましょう。
f0184244_18245867.jpg

まずはコッタレスを使ってクランクを外します。

これが純正 BBユニット。
f0184244_18254876.jpg

星型カートリッジボトムブラケット。

コイツを外すためには専用工具が必要です。
f0184244_19394967.jpg

ParkTool BBT-4 とか。

しかし純正BBを外すのはコレが最初で最後。

1度しか使用しないのに、わざわざ購入するのも考えもの。
と、こんな工具を買ってみました。
f0184244_18275478.jpg

一つ爪のツール。

これなら他にも利用できそう。

で、外そうとすると、、、。


う、、、。

爪が引っかからない。

なんですと~

あ~やってしまった。

やっぱ専用工具は必要すね~^^;

あきらめてショップで外しともらおうと、
肩を落とすわたし、、、。

この時の時間が8時。

ショップが開く時間は11時。

3時間もロス、、、。

一瞬力技でぶち壊したろうか~

などと危ない考えが頭をよぎりますが、
経験上そんな事をしても外れないし、
バイクを傷めるだけ、、、。





しか~し

ちょっと閃き。

シマノホーローテック用に購入したツールがある。
f0184244_18301654.jpg

恐る恐る合わせて見ると、、、。

爪の一部がわずかに引っかかる。
f0184244_18313599.jpg

ためしに少し力を入れてみると~


スルッ。

なに~

ゆるゆるじゃないか。

手では回らないけれど、あまりにユルイ。

う~~ん

ココは逆ねじだから自然に緩むことはないと思う。
純正BBのねじ部はプラスチック製だからこんなにゆるくはめるのか?
それとも購入店のチョンボか?

まあいい、、、。

結果オーライと考える。

BBユニットを外したボトムブラケット。
f0184244_18322465.jpg

水の浸入した形跡なし。
サビの気配なし。

だがBBのねじ切りはあまり良くない。
素人が見てもねじ山がしっかり立っていないのが分かる。

MADE IN ENGLAND に MADE IN JAPANの
切削レベルを求めてはいけないか、、、。^^;
f0184244_1833361.jpg

キレイに掃除をしてデュラグリスをたっぷり塗る。
f0184244_18344263.jpg

BBユニット側にもデュラグリス。
f0184244_1837028.jpg

そして右側からBBを静かに入れ専用工具で締め付け。
f0184244_18393674.jpg

この時の注意点は右側のBBユニットは逆ネジになっているので、
矢印の方向で締め付けます。

左側もねじ部にデュラグリスをたっぷり塗布し組み付け。
f0184244_18442199.jpg

こちらは正ねじなので写真の矢印の方向で締め付ける。

これで完成。

クランクを取り付けてチェーンラインの確認。
f0184244_18451237.jpg

写真は無いけれど交換前は8.5mm
交換後は7.5mm。

多分問題ないでしょう。
f0184244_19303070.jpg

f0184244_5592362.jpg

今回、初めてBBユニットの交換を行ないましたが意外と簡単でした。

しかし、必要な工具を用意する必要があるので、
費用はショップに依頼した方が安いかも知れませんね。

ただ~し、、、。
その場合、整備の力量があるショップでお願いしましょう。

て、それが分かれば苦労はないんだよな~





おまけ。
f0184244_18535319.jpg

クランクで隠れて見えなかった箇所が
アウターで削れていた。

写真は超極細コンパウンドでの処理後。
f0184244_18534581.jpg

保護シールを貼る。
f0184244_18542921.jpg

クランクのボルトカバーが付属していなかったので、
カニ目のカバーを付けてみた。
f0184244_18541831.jpg

さ~て、この後はインプレッションです。
[PR]
by eeedon | 2012-10-20 19:29 | BROMPTON M1L | Comments(1)
Commented by hashirouyo at 2012-10-20 19:48
おお~!!
ついにBBにまで手を入れましたか!!
インプレ楽しみにしております。