eeedon 200Q Que sera sera

わたらせ渓谷鉄道で行く足尾

標高の高い場所でのポタリングに味を占め、
どこか良い場所はないかな~と地図を眺めていたら、
見つけました。

群馬県桐生市から出ているローカル線。

「渡良瀬渓谷鉄道」

これを使って足尾銅山まで登り、
澄んだ空気と爽やかな風を楽しもうと画策。

前回の中禅寺湖ポタリングは上りばかりだったので、
今回は下りを満喫する予定。

とりあえず車が駐車しやすそうな「運動公園駅」を目指して出発。

東北道から北関東道を利用すると自宅から小1時間で到着。

しか~し、、、。


駅が見当たらない。

まあ、普通は「・・・駅入口」とかあるよね。

でもこちらの駅はそれがなかったのよね~

ちょっと探しちゃいました。^^;

入り口はこんな感じ、、、。

f0184244_21462553.jpg

住宅地を間を入って行きます。

正面はロータリー風だが車の通行は不可。

f0184244_21464514.jpg

非常にシンプルです。

f0184244_21465564.jpg

時刻表。

しばらくするとやってきました。

f0184244_2147756.jpg

一両編成。

車内で切符を購入。

f0184244_21472114.jpg

懐かしい穴を開けて行き先と金額を表示するタイプ。

運動公園乗車~間藤まで。
金額:1,020円なり。

この切符は降車の時に運転手さんに回収されます。

う~ん、記念に欲しいね。

乗車後は一番後ろへ。

後部運転席の横で陣取ります。

f0184244_2147382.jpg

運転席はオープンされていて覗き放題。
うれしい。

車内放送用のテープ?

f0184244_21475596.jpg

これって8トラかな。

富士重工製。

f0184244_214869.jpg

ロゴが「昴の星座」マークではなくカタカナの「フ」。

f0184244_21482545.jpg

渓谷鉄道一番長い橋(短い)。

f0184244_21483922.jpg

各駅はいろいろ趣向を凝らしていて楽しそう。

f0184244_2148525.jpg

f0184244_2149160.jpg

名所では電車を徐行し運転手さんがマイク片手に、
ガイドをしてくれます。

高さ70メートルの滝、日光キスゲ、路線内で一番キレイな渓谷・・・etc

f0184244_21491810.jpg

まるでブロンプトンを置く為の様な場所。

すっぽり収まっております。

そして約1時間で終点の「間藤駅」に到着。

f0184244_21493369.jpg

この列車は折り返し登り列車に。

f0184244_21494514.jpg

つづく。
[PR]
by eeedon | 2012-08-16 21:56 | BROMPTON M1L | Comments(2)
Commented by hashirouyo at 2012-08-16 23:00 x
渓谷鉄道渋いですね
いろは坂チャレの時は誘って下さい!!
Commented by eeedon at 2012-08-18 12:52
やっぱ夏は山っすよ山。(^^)