eeedon 200Q Que sera sera

川昌のうなぎを喰らう 2

青いロードバイクに乗ったソロの女性ローディーが
颯爽と走り去っていった姿が脳裏に焼きついてしまった。

すれ違った時に、さりげなくバイクを確認すると「TIME」

自宅に戻ってから調べてみると、なかなか玄人好みの
メーカーのようですね。
フレームのみの販売でそこそこのお値段、、、。

てか、高すぎ、、、。
う~ん、もう一度会ってみたい、、、。

話がそれましたが、こんなことがあり、
気がついたらあっという間に野田に到着。

ここも初めて訪れる場所。

野田といえばお醤油。
お醤油といえばキッコーマン(亀甲萬)

まず向かったのは煉瓦蔵。
f0184244_21141550.jpg

あいにく休館の為、中には入れませんでしたが、
趣のある外観と大きな木製の樽が置いてありました。
f0184244_21143785.jpg

かすかに醤油の良い香りがします。

この後、野田の市内をフラフラして、今回の目玉、「川昌」へ。
f0184244_21151045.jpg

店舗の裏側、目立たない場所にバイクを止め
開店時間まで少しの時間表で待ちます。
f0184244_2115325.jpg

11時30分開店。
お店の女中さんが表まで出てきて、
店内へ導いてくれました。

案内されたのは大き目の座敷。
f0184244_2116065.jpg

大きな梁が特徴の古民家風です。
f0184244_21162134.jpg

わたしたちのテーブルの上には大きな天狗様がいらっしゃいました。
f0184244_21174398.jpg

メニューを見ると、特上、上、やら、松、竹、梅などの表記はなし。
f0184244_2118961.jpg

うなぎの量で値段が2種類。

訳のわからないグレードが無いところが好感です。

hashirouyoさんはうな重(180g)2,100円
私は白焼きと蒲焼の二つが楽しめる白蒲重(180g)同じく2,100円なり。
ちなみに二人とも大盛で注文。
追加料金は50円。
安い。

あとは例の「うなぎの刺身」1人前1,200円。
「うなぎの肝の天ぷら」1人前600円を注文する。

待つことしばし。
その間にhashirouyoさんの犬印鞄を検分する。
しかしこのバック、ジャストサイズだね。
泊まりでなかったらこれ一つで十分。
作りもしっかりしていて軽い。
オリジナリティーがあり所有欲を満足させる一品です。

そうこうしているとお目当ての「うなぎの刺身」が登場。
f0184244_2120112.jpg

15cm位の丸皿にふぐ刺しのように盛られた形で現れました。
f0184244_212034100.jpg

たれが3種類、左からポン酢、醤油、右側がごま油。

まずはポン酢で実食。

そのお味は、、、。

まるで、「エンガワ」
臭みもなく、とても美味しい。

つづいて、お醤油。
こちらで食すと、味が変化し「エンガワ」ではなくなる。
なんの味かな~、上手く表現出来ません。^_^;

最後にごま油、これも美味しい。

わたしは、ポン酢、hashirouyoさんはごま油が好みのようです。
話のネタにと注文しましたが思っていたより美味しかったです。

つづいて、肝の天ぷら。
f0184244_2121794.jpg

こちらは抹茶塩とレモンで頂く。
うん、まあ普通に美味しい。
インパクトは刺身には及びませんがなかなかです。
しかも安いし。

そして、蒲焼の登場です。
f0184244_21213828.jpg

漬物と肝吸いが付いてきました。
おお~豪華。

さてお味は。
まず、白焼きですが、わさびと醤油で頂ます。
う~ん、油がのっていて濃厚。
日本酒が飲みたくなります。

続いて蒲焼。
こちらもふっくら、柔らか~
甘みをひかえたタレが特徴。

たれの味付けは好みが分かれるところですが、
わたしは好きな味です。
量も50円増しの大盛ですが、大変満足お腹一杯になりました。

そして最後に、珈琲と玄米茶アイスが登場。
f0184244_21221538.jpg

玄米茶アイス、、、。

これも初めて食べます。
口に含むとほろ苦い玄米茶の香りが、
そのあとに上品な甘さが広がります。
オリジナルかな~

玄米茶アイス、美味しいです。

う~ん。
ここの店はやはり超穴場かもです。
これで¥2,100は安いでしょう。

すっかりファンになってしまいました。

機会があればリピートしてみます。

つづく。
[PR]
by eeedon | 2011-01-23 21:12 | CANNONDALE:6-5 | Comments(4)
Commented by yamaroku_kogyo at 2011-01-24 22:56
はじめまして!!!
hashirouyoさんのブログからの誘導でお邪魔させて頂きます。

鰻の刺身珍しいですねΣ

酒好きなわたくしとしてはメニューに写っている『うな茶漬け』
が気になります♪
Commented by よーやん at 2011-01-25 17:48 x
ぬおぉぉぉぉ~、焼き物はヨダレがでます^^
これが刺身ですか! 刺身で食べれるのですね!!
皮を引くのが素人では無理そーです。。

現在、ウナギ釣りはオフなので、夏まで辛抱してましたが、この画は体に悪いです(^^;
Commented by eeedon at 2011-01-25 20:55
イヨッキュさん
こちらこそ、はじめまして(^^)
わたしもhashirouyoさんの所から
のぞかせていただいております。
今後もよろしくお願いします。

わたしも酒好きなのでそのお気持ちよく分かります。
刺身に、白焼きで、締めでうな茶漬け、、、。
今から晩酌してきます。^_^;
Commented by eeedon at 2011-01-25 21:00
よーやんさん
わたしも焼き物には目がありません。
「うなさし」うまかったです(^^)
そうそう、うなぎの血には「イクチオヘモトキシン」という
毒素が含まれています。
間違っても自分でさばいて食べないでくださいね(汗)
川昌では特別な処理をしているようです。