eeedon 200Q Que sera sera

クロスパニアバック

やはり風が強いです。
遮蔽物がない「おやサイ」ではとても走れないので、
小山の市街地をポタポタします。

シティサイクルとして購入したM-1ですが、
ブロンプトンという自転車の魅力のほかに、
このパニアバックの存在も購入するきっかけの1つでした。
f0184244_1724631.jpg

専用の「フロントキャリアブロック」と呼ばれる、
台形のパーツがハンドル下のフレームに固定されています。

この台形の形をした受け軸にバックが固定され、
しかも、バックの自重を利用して安定してくれます。

フレームに固定されるので、シティサイクルのカゴのように
ハンドルを切るとカゴも同じ方向に首を振ることがなく
ハンドリングに影響はありません。
f0184244_17245278.jpg

現在はクロスパニアバックはカタログ落ちしていて、
新型のS-バック、C-バックが流通しています。

しかし、購入店の店長のブロンプトンに付いていた、
このクロスパニアバックを見て、ビビットきました(古)

そして、ネットを徘徊してやっと見つけたのでした。(^^)

このバック本当はペラペラでペチャンコなバックですが、
たまたま家にあったカメラバックのインナーがスッポリ入りました。
まるで専用設計のようにピッタリと(驚)

じつは初めて見た瞬間、これはひょっとして入るのでは、と予感を感じ、
実際に入れてみて見事に収まった時はチョッと鳥肌もんでした。

このインナーのおかげで念願だった一眼レフをポタリングに
気軽に持ち出せるようになったのです。

真中がカメラ、無造作に投げ入れます。
右側が工具、チューブや色々な小物が入っているマルチバック。
左がチェーンロックとイージーバック(輪行用のカバー)が入ります。
f0184244_17243565.jpg

写真にはありませんが、乗車側に2つのポケットがあり
ドリンクフォルダー代わりに使えます。
500ml.のペットボトルが余裕で入り、もう1つは携帯、お財布など、など。

このインナーを外せば大容量(22L)になり
使用用途に応じて変更できるので大変便利だと思います。

そんなクロスバックに荷物を詰め込み(結構重いです)ブラブラして来ました。
f0184244_1725183.jpg

市街地はいくぶん風も収まり、走りやすい場所もありましたが、
向きによっては痛いくらいの風を受けます。
f0184244_1725422.jpg

この場合シングルギアはキツイです。
ギヤ比が54×12Tはわたしの足では少し重いかもしれません。
今後変更するか課題です。

最後に城山公園で一休み。
f0184244_17255876.jpg

f0184244_17261736.jpg

f0184244_17263924.jpg

f0184244_17265341.jpg

何回も言いますが、このサドル、いいですね~
f0184244_17271257.jpg

ヘリオスにも付けようかな~

本日の走行距離:17.17km

Canon EOS Kiss Digital N
Canon EF-S 60mm MACR0 f2.8 USM
[PR]
by eeedon | 2010-02-07 17:30 | BROMPTON M1L | Comments(2)
Commented by hashirouyo at 2010-02-07 23:38
こんばんは。
強風のなかお疲れさまでした。
ブロンプトン、やっぱり絵になりますねぇ。

しかし、サドルが気になります。
Commented by eeedon at 2010-02-08 05:52
おはようございます。
hashirouyoさん。
サドルは今度お試し下さい。(^^)